フィギュアスケートのGOE(出来栄え点)採点ガイドライン





こんにちはサルコウです。

今回は、新しくなった11段階のGOEについて解説します。理解を深めてより試合観戦を楽しみましょう。

GOEとは
審査員によって0をベースとし-5から+5の11段階で評価された各要素(ジャンプなど)の出来栄え点です。
要素毎にそれぞれ評価点項目が設定されており、プラス評価やマイナス評価が定められています。

GOEのプラスとマイナスの評価項目について詳しく説明したいと思います。

スポンサーリンク

「+」のGOE 採点ガイドライン

※マイナス のGOE ガイドラインと一緒にご確認ください。

  • ジャッジがプラス面およびマイナス面の両評価を行い,実施された要素の最終の GOE が決定されます。
  • 要素の最終の GOE には、エラーによるマイナス面だけではなくプラス面が反映されています。
  • 最終の GOE を計算するためには,まず始めに要素のプラス面を考慮し,これが GOE 評価の起点となります。
  • 次に,エラーのガイドラインに従って GOE を引き下げ,その結果が最終の GOE となります。
  • 起点となる(プラス面の)GOE を確立するために,各要素に対して次の項目を考慮しなければなりません。

プラスのGOE判断

GOE の等級に対する項目の数は各ジャッジの裁量によりますが、一般的には以下が推奨されています。

以下、「各要素に対しての項目数」と「各要素の項目」を合わせてご覧ください。

各要素に対しての項目数 プラスのGOE
1項目 +1
2項目 +2
3項目 +3
4項目 +4
5項目以上 +5

※+ 4 および+ 5 には,以下の各要素の項目で太字で強調表示されている最初の3つの項目が満たされていなければなりません。

ジャンプ要素の項目

  1. 高さおよび距離が非常に良い(ジャンプ・コンボおよびシークェンスでは全ジャンプ)
  2. 踏切および着氷が良い
  3. 開始から終了まで無駄な力が全く無い(ジャンプ・コンボではリズムを含む)
  4. ジャンプの前にステップ,予想外または創造的な入り方
  5. 踏切から着氷までの身体の姿勢が非常に良い
  6. 要素が音楽に合っている

スピン要素の項目

  1. スピン中の回転速度および/または回転速度の増加が十分
  2. 良くコントロールされた,明確な姿勢(フライング・スピンの場合には高さ,空中/着氷
    姿勢を含む)
  3. 開始から終了まで無駄な力が全く無い
  4. 回転軸を維持する
  5. 創造的でオリジナリティがあ
  6. 要素が音楽に合っている

ステップシークェンス要素の項目

  1. エッジが深く,明確なステップおよびターン
  2. 要素が音楽と合っている
  3. エネルギー,流れ,出来栄えが十分で,開始から終了まで無駄な力が全く無い
  4. 創造的でオリジナリティがある
  5. 全身の優れた関わりとコントロール
  6. シークェンス中のスピード,またはスピードの加速が十分

コレオグラフィック・シークェンス要素の項目

  1. 創造的でオリジナリティがある
  2. 要素が音楽と合っており、プログラムのコンセプト/特徴を反映している
  3. エネルギー,流れ,出来栄えが十分で,開始から終了まで無駄な力が全く無い
  4. 氷面を十分にカバーしている
  5. 十分に明確で正確
  6. 全身の優れた関わりとコントロール




「-」の GOE採点ガイドライン

  • 無価値(no value)要素はGOE結果に影響しません。
  • 複合エラーの場合には,それぞれのエラーに対する GOE の引き下げが合算されます。

ジャンプ要素の項目とマイナスのGOE

ジャンプ

要素の項目

マイナス

のGOE

SP:要件を満たさないジャンプ要素

の最終のGOEは必ず

-5
ダウングレード判定 (Downgraded)

(記号 << )

-3 to -4
転倒 -5 回転不足判定 (Under-rotated)

(記号 < )

-2 to -3
1 ジャンプの着氷が両足 -3 to -4
回転が足りない(記号無し)

(ジャンプ・コンビネーションにおける

オイラーの回転が足りない場合を含む)

-1 to -2
1 ジャンプの着氷でのステップ・アウト -3 to -4
スピード,高さ,距離,空中姿勢が拙劣 -1 to -3
ジャンプの間に 2 つのスリー・ターン

(ジャンプ・コンビネーション)

-2 to -3
1 ジャンプで両手がタッチ・ダウン -2 to -3
F/Lz での間違った踏み切りエッジ

(記号 “e”)

-3 to -4
片手またはフリー・フットがタッチ・ダウン -1 to -2
F/Lz での不明確な踏み切りエッジ (記号 “ ! ”) -1 to -3
・ジャンプ間で流れが無い

・方向を失う

・リズムが無くなる

(コンビネーション/シークェンス)

-2 to -3
F/Lz での不明確な踏み切りエッジ

(記号無し)

-1
拙い着氷

(悪い姿勢/間違ったエッジ/引っかき等)

-1 to -3
拙劣な踏み切り -2 to -3
長い構え -2 to -3

スピン要素の項目とマイナスのGOE

スピン

要素の項目

マイナス

のGOE

転倒 -5
拙劣な/ぎこちない,

美しさを損ねる姿勢

-1 to -3
フリー・フットまたは

片(両)手がタッチ・ダウン

-1 to -3
回転速度が遅い,遅くなる -1 to -3
フライングが劣る

(フライング・スピン/エントリー)

-1 to -3
足換えが拙劣

(回転方向の転換時を除く入

/出のカーブを含む)

-1 to -3
F スピンでの正しくない踏み切り

,着氷

-1 to -2
必須回転数に満たない -1 to -3
軸の流れ -1 to -3
足替えスピンにおいて

回転数のバランスがとれていない

-1

ステップ要素の項目とマイナスのGOE

ステップ要素の項目 マイナス

のGOE

SP: 半回転を超えるリストにある

ジャンプが含まれる

 -1
ステップやターンの質,姿勢が拙劣 -1 to -3
転倒 -5
つまずき -1 to -3
ステップ/ターンを行なっているの

がパターンの半分に満たない

-2 to -3
 音楽に一致していない -1 to -3

コレオグラフィック・シークェンス要素の項目とマイナスのGOE

コレオグラフィック・シークェンス

要素の項目

マイナス

のGOE

 転倒 -5
つまずき -1 to -3
シークェンスをはっきりと行うこと

ができない

-2 to -3
音楽に一致していない

,または創造性/オリジナリティに

欠ける

-1 to -3
シークェンス中にコントロールを失う -1 to -3
動作の質が拙劣 -1 to -2

【関連記事】詳しいGOEの-5から+5の11段階の出来栄えの点数配分については、それぞれの要素のページをご確認ください。
フィギュアスケート要素と得点「ステップシークェンス編」
フィギュアスケート要素と得点「コレオグラフィック・シークェンス編」
フィギュアスケート要素と得点「スピン編」 
フィギュアスケート要素と得点「ジャンプ編」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローする

トップへ戻る