アクセルジャンプの難易度と得点|フィギュアスケート

ジャンプ

こんにちはサルコウです。

今回の記事では、アクセルジャンプの難易度や基礎点(得点)、GOE(出来栄え点)等についてまとめています。

 

アクセルジャンプと言えばトリプルアクセルが有名ですが、

トリプルアクセルと言えば浅田真央さんを思い出す人は多いのではないでしょうか。

 

現役時代に浅田真央さんがこだわり続けたトリプルアクセルだけに、多くのフィギュアスケートファンの皆さんにもトリプルアクセルの認識は高いと思います。

 

女子では、伊藤みどりさんが世界で初めてトリプルアクセルを飛び、浅田真央さんが牽引してくれたおかげか、トリプルアクセルに挑戦する紀平選手など女性選手が増えてきましたね。

 

冒頭でもお伝えした、アクセルジャンプについて以下目次に沿ってお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

1.アクセルジャンプの難易度

ジャンプの中でも難易度が最も高いのがアクセルジャンプです。

アクセルジャンプの特徴は、他のジャンプと異なり前向きで踏み切る点にあります。

6種類のジャンプの中でも前向きのまま踏み切るのは、アクセルジャンプだけとなり技術的には難易度が高いです。

 

また、他のジャンプ同様にジャンプの回転数によって難度が上がっていきますが、アクセルジャンプの場合、前向きで踏切、後ろ向きで着氷します。

その為、シングルアクセルであっても1.5回転となり、他のジャンプより半回転多くなるのが特徴であり、難しい点でもあります。

踏切から着氷までの流れ

  1. 踏み切りの際は前向きで左足のアウトサイドにのり両手は軽く後ろに引く
  2. 両手と右足の反動を使って左足のトゥで踏み切る
  3. 両手を胸に引き寄せ右足を左足の後ろにつける
  4. 右足のアウトサイドで着氷しフィニッシュします

 

アクセルは難易度は高いですが、前から踏切ますのでスケート観戦では見分けるのが一番簡単なジャンプです。

 

アクセルジャンプの回転数

シングルアクセル:1.5回転

ダブルアクセル:2.5回転

トリプルアクセル:3.5回転

クワドラプル(クワド)アクセル:4.5回転

 

スポンサーリンク

2.アクセルジャンプの得点

種類 GOEによる加減点
※赤文字はマイナスのGOE
名称 略称 基礎点 5
(-5)
4
(-4)
3
(-3)
2
(-2)
1
(-1)
シングル 1A 1.1 0.55
(-0.55)
0.44
(-0.44)
0.33
(-0.33)
0.22
(-0.22)
0.11
(-0.11)
ダブル 2A 3.3 1.65
(-1.65)
1.32
(-1.32)
0.99
(-0.99)
0.66
(-0.66)
0.33
(-0.33)
トリプル 3A 8 4
(-4)
3.2
(-3.2)
2.4
(-2.4)
1.6
(-1.6)
0.8
(-0.8)
クワド 4A 12.5 6.25
(-6.25)
5
(-5)
3.75
(-3.75)
2.5
(-2.5)
1.25
(-1.25)

ご要望の多かった個々のジャンプのページを準備しました。

【関連記事】個々のジャンプについて
ルッツジャンプの難易度と得点
フリップジャンプの難易度と得点
ループジャンプの難易度と得点
トウループジャンプの難易度と得点
サルコウジャンプの難易度と得点

ジャンプのルール全般についてはフィギュアスケート ジャンプのルール/種類/得点を確認ください。

 

 

コメント