フリップジャンプの難易度と得点|フィギュアスケート

ジャンプ

こんにちはサルコウです。

今回の記事では、フリップジャンプの難易度や基礎点(得点)、GOE(出来栄え点)等についてまとめています。

 

フリップジャンプと言えば宇野昌磨選手がクワド(4回転)フリップを世界で初めて試合で成功させた事で有名です。

 

得点でもアクセル、ルッツに続き得点が高くコンビネーションや演技後半の1.1倍に合わせたプログラム構成にする選手も多いですね。

 

冒頭でもお伝えした、フリップジャンプについて以下目次に沿ってお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

フリップジャンプの難易度

フリップは、ジャンプする直前に左足のインサイドのエッジに乗り、右足のトウをついて跳びます。

踏切から着氷までの流れ

  1. ジャンプ前の動作は、フォア(前の位置)からの2種類のターンで入ります
  2. 左足のインサイドのエッジにのり、左手を前に右手は後ろに引く
  3. ジャンプの直前に左足の足首と膝を曲げ、左足真後ろの遠いところに右足のトウを着いて跳びます
  4. 右足のアウトサイドで着氷しフィニッシュします

 

※ルッツと似てますが、フリップの場合は前向きに滑走して踏み切る直前に後ろ向きになって跳ぶことが多いのでスケート観戦時の参考にしてみてください。

 

踏切の際の左足のインサイドのエッジにのるという事が重要なポイントです。
この点を注意しないとエッジエラーを取られてしまい減点の対象となってしまいます。

 

ジャッジスコアで「e」マークが表示された場合は、正しいエッジで滑っていないので減点となります。

 

ジャッジスコアについては、ジャッジスコア(プロトコル/採点表/得点表)の見方をご確認ください。

 

また、他のジャンプ同様にジャンプの回転数によって難度が上がっていきます。

スポンサーリンク

フリップジャンプの基礎点とGOE

種類 GOEによる加減点
名称 略称 -5 -4 -3 -2 -1 基礎点 +1 +2 +3 +4 +5
シングル 1F -0.25 -0.2 -0.15 -0.1 -0.05 0.5 +0.05 +0.1 +0.15 +0.2 +0.25
ダブル 2F -0.9 -0.72 -0.54 -0.36 -0.18 1.8 +0.18 +0.36 +0.54 +0.72 +0.9
トリプル 3F -2.65 -2.12 -1.59 -1.06 -0.53 5.3 +0.53 +1.06 +1.59 +2.12 +2.65
クワド 4F -5.5 -4.4 -3.3 -2.2 -1.1 11 +1.1 +2.2 +3.3 +4.4 +5.5

ご要望の多かった個々のジャンプのページを準備しました。

【関連記事】個々のジャンプについて
アクセルジャンプの難易度と得点
ルッツジャンプの難易度と得点
ループジャンプの難易度と得点
トウループジャンプの難易度と得点
サルコウジャンプの難易度と得点

ジャンプのルール全般についてはフィギュアスケート ジャンプのルール/種類/得点を確認ください。

 

 

コメント