フィギュアスケートのジャッジスコア(プロトコル/採点表/得点表)の見方





こんにちはサルコウです。

皆さんフィュアスケートを楽しんでますか

今回はフィギュアスケートの採点結果を表にしたジャッジスコア(プロトコル/採点表/得点表)の見方をわかりやすく説明したいと思います。

最近は、テレビを見ていると採点の項目が表示されたりしますが、実際はもう少し詳細に記載されたジャッジのスコアがあります。

テレビに出ている有名な選手から小さなお子さんまで試合に出ればかならずジャッジが判定したスコアが渡されます。

インターネット上にもアップされてますので、興味のある方は検索キーワード「ジャッジスコア」「Judges Scores」「Judges Details per Skater」等で検索してみてください。

■今回記事を読む事で以下がわかります

・フィギュアスケートをテレビで見る際に得点の仕組みがわかりより楽しくなります。

・試合後に疑問に思った点数の詳細をスコアで確認して理解できるようになります。

・ご自分やお子さんの試合の結果をスコアで見て課題がわかるようになります。

得点の仕組みがわかるとスポーツの奥の深さが見えますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

スポンサーリンク
広告大

ジャッジスコア(プロトコル)

こちらがジャッジスコア(プロトコル)ですが、はじめてみると何の事かさっぱりわからないと思います。

ジャッジスコア(プロトコル)の見方は、大きく分けて3つです。

  1. ジャンプ、スピンやステップなどの技術を見るテクニカルエレメンツ(技術要素)
  2. スケート技術や身のこなしや曲の解釈などを見るプログラムコンポーネンツ(演技構成)
  3. 違反や禁止行為、転倒による減点をみるディダクション(減点)

にわかれます。

テレビなどでもよく言われてますが、

テクニカルエレメンツ(技術要素)+プログラムコンポーネンツ(演技構成)-ディダクション(減点)=得点合計

となります。

まずは、ひとつづつ解説していきたいと思います。



■テクニカルエレメンツ(技術要素)

ジャッジスコア(プロトコル)の2枠目の上段部分がテクニカルエレメンツ(技術要素)になります。

□要素の略称(ジャンプ、スピン、ステップ、コレオ)

テクニカルエレメンツ(技術要素)の左側にある部分ですが、実行する要素(ジャンプや、スピン、ステップ)の技の略称が記載されています。

この技に対して、得点が記載されますので、まずは、技の略称名を覚える必要があります。

一番左の#欄の数字ですが、これは何番目にどの要素を行うかの順番です。

画像のテクニカルエレメンツ(技術要素)ですと、最初の要素は「2F+3T」で最後は「CCoSp」ということになります。

次に技の略称ですが、ジャンプ、スピン、ステップ、コレオにそれぞれ略称があり、ジャッジスコア(プロトコル)には、技の名前は略称で記載されています。

●ジャンプの略称

T トゥループ
S サルコウ
Lo ループ
F フリップ
Lz ルッツ
A アクセル

アルファベットの前に数字が記載されます。数字は「ジャンプの回転数」です。

3Aなら「トリプルアクセス」となります。

また、ジャンプとジャンプの略称の間に「+」と表示される場合は、コンビネーションジャンプです。

3F+3Tなら「トリプルフリップ」と「トリプルトゥル―プ」のコンビネーションジャンプとなります。

ジャンプの名前略称、基礎点については、

フィギュアスケート要素と得点(技の名前と点数)「ジャンプ編」をご覧ください。

●スピンの略称

アルファベットの最後にSPと記載されているものがスピンです。

ジャッジスコア(プロトコル)に記載されている「FCSp(フライングキャメルスピン)」「CCoSp(足替えコンビネーションスピン)」になります。

スピンの略称に数字で「4」と記載されておりますが、これはスピンのレベルです。

レベル4のスピンと判定されたものになります。

スピンの名前略称、基礎点については、

フィギュアスケート要素と得点(技の名前と点数)「スピン編」をご覧ください。

●ステップシークエンスの略称

ジャッジスコア(プロトコル)に記載されている「StSq(ステップシークエンス)」になります。

ステップの略称に数字で「4」と記載されておりますが、これはステップのレベルです。

レベル4のステップと判定されたものになります。

ステップシークエンスの名前略称、基礎点については、

フィギュアスケート要素と得点(技の名前と点数)「ステップシークエンス編」をご覧ください。

●コレオシークェンスの略称

正しくは、コレオグラフィック・シークェンスと呼びます。

ジャッジスコア(プロトコル)に記載されている「ChSq(コレオグラフィック・シークェンス)」になります。

コレオグラフィック・シークェンスの名前略称、基礎点については、

フィギュアスケート要素と得点(技の名前と点数)「コレオグラフィック・シークェンス編」 をご覧ください。

□減点マークについて

技の略称の隣やInfoの下に「<」「!」マークが記載されてますが、このマークについて説明を表にまとめてみました。

マーク 説明
< アンダーローテーション
1/4以上1/2未満の回転不足
選手が挑戦したジャンプ本来の基礎点に対して70% 75%(2018年7月1日新ルールより)となってしまう。
<< ダウングレード
1/2以上の回転不足
選手が挑戦したジャンプより回転数が1回転少ない同じ種類のジャンプ
の評価(基礎点)となってしまう。
! Not clear edge
明確ではない踏み切り
フリップ、ルッツを飛んだ際にどちらにも傾いていないフラットなエッジ
での踏み切りは、「明確ではない踏み切り」とみなされる。基礎点による減点はないがGOE(出来栄え)で評価される。
e Wrong edge
明らかに間違った踏み切り
フリップを誤ってアウトサイドで踏み切った場合、エッジエラーとなり
減点対象となる
ルッツを誤ってインサイドで踏み切った場合、エッジエラーとなり
減点対象となる。どちらもジャンプ本来の基礎点に対して70% 75%(2018年7月1日新ルールより)となってしまう。

基礎点について

BaseValueと記載された部分ですが、こちらには各技のもっている基礎点が表示されます。

※ただし、アンダーローテーションやダウングレード、エッジエラーになった場合は、基礎点そのものが下がります。

※また、点数の隣の「x」と記載されている部分ですが、演技後半のジャンプとなり基礎点が1.1倍になります。

□GOEについて

GOE(Grade of Execution)とは、演技審判(ジャッジ)が0を基礎点とし-3から+3の7段階-5から+5の11段階(2018年7月1日の新ルールより)で評価された各要素のできばえを判定するものです。

要素毎にそれぞれの評価の幅(点数)が設定されています。

良い出来映えと判断されれば加点要因となります。
悪いとされれば減点要因となります。
具体的な判断項目は「ガイドライン」によって規定されてます。

プラス面(高さ・幅が十分、流れがよい)等を考慮しプラス点をつける。
その後にエラーやルール違反などのマイナス面がないか考慮して引き下げます。

GOEの詳しい採点ルールについてはGOE(出来栄え点)採点ガイドラインをご確認ください。



【関連記事】詳しいGOEの-5から+5の11段階の出来栄えの点数配分については、それぞれの要素のページをご確認ください。
フィギュアスケート要素と得点「ステップシークェンス編」
フィギュアスケート要素と得点「コレオグラフィック・シークェンス編」
フィギュアスケート要素と得点「スピン編」 
フィギュアスケート要素と得点「ジャンプ編」
GOE(出来栄え点)採点ガイドライン

■プログラムコンポーネンツ(演技構成)

別名「5 Components(ファイブコンポーネンツ)」

フィギュアスケートのプログラム全体を上の表の5項目で評価した得点。

SkatingSkills
Transitions
Performance
Composition
Interpretation of the Music

5項目を10点満点0.25点刻みで採点した合計に、規定の係数をかけて、演技構成と技術要素とのバランスを調整します。

各項目毎の係数は、総合得点を算出するときおよそテクニカルエレメンツ(技術要素)とプログラムコンポーネンツ(演技構成)の点数がが同じぐらいになるように設定されています。

□各プログラムコンポーネンツ構成点と係数

【プログラムコンポーネンツ項目】

略称 プログラムコンポーネンツ 説明
SS Skating Skills

(スケーティングスキル)

プログラム全体の、スケーティングの質やスピード、その変化など。
TR Transitions

(トランジション)

要素と要素の間の、ステップなどのつなぎ。要素への出入りの特所など。
PE Performance

(パフォーマンス)

音楽に合った身のこなし、スピードの変化、演技をしているか。
CO Composition

(コンポジション)

調和のとれたプログラム構成、またハイライトの分布になっているか。
IN Interpretation of the Music

(インタープリテーション)

音楽を理解し、それに合った動き・表現がされているか。

【各種目における演技構成点の係数】

種目/略称 SS TR PE CH IN
男子SP 1.00 1.00 1.00 1.00 1.00
男子FS 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00
女子SP 0.80 0.80 0.80 0.80 0.80
女子FS 1.60 1.60 1.60 1.60 1.60

※5項目を10点満点0.25点刻みで採点した合計に、規定の係数を掛けて算出。

採点システムや審査員については、フィギュアスケートの採点システム・審査員についてをご覧ください。

■ディダクション(減点)

ジャッジスコア(プロトコル)の一番下の項目です。

フィギュアスケートでは、禁止されている違反行為が存在します。

違反行為の有無は技術審判によって判断され、規定による減点ディダクションが適用されます。

□代表的な違反例

●転倒による減点
 1度から2度目では1回につき -1.0点
 3度から4度目では1回につき -2.0点
 5度目以降では1回につき -3.0点
●時間超過または不足
 5秒につき -1.0点
●バックフリップ(バク転)などの禁止されている要素
 1つにつき -2.0点
●小道具使用などの衣装の違反
 -1.0点
●10秒以上の中断
 10秒につき -1.0点(やむをえない場合は除く)

■3項目の合計でジャッジ

上の採点表の画像にあるように、

TotalSegmentScore=TotalElementScore+TotalProgramComponent-TotalDeductions

テクニカルエレメンツ(技術要素)+プログラムコンポーネンツ(演技構成)-ディダクション(減点)=得点合計

が正式な得点となります。

まとめ

ジャッジスコア(プロトコル)が理解できると、フィギュアスケート観戦がより楽しくなります。

ジャンプを失敗したのにあの選手は何故点数が高いのだろうとか!

もうわかりますよね。プログラムコンポーネンツがしっかりできているので、ジャンプで失敗してもカバーできているなど。

がわかるようになります。

転倒しても回転不足ではないので、基礎点が取れてるんだなとかもわかるようになります。

選手を比較してみても、構成要素で基礎点が違いますので、この構成で全部成功されたら、より多くの要素で加点をもらわないと勝てないとかの予想もつきます。

是非、みなさんもテレビをみるときや、お子さんの試合のときなど演技構成を確認してみてください。

より違った視点で楽しむ事ができますので!

スポンサーリンク
広告大
トップへ戻る