スピンの種類「キャメル姿勢」|フィギュアスケート

スピン

こんにちはサルコウです。

今回の記事では、スピンの基本姿勢の一つ「キャメル姿勢」についてまとめてます。

キャメル姿勢とは、フリー・レッグは後方に位置し、その膝がヒップより高い姿勢のスピンです。※ただし、レイバックスピン、ビールマンスピンおよび類似のバリエーションはアップライト姿勢となります。

 

レベル1からレベル4までの難易度があります。
難易度は様々な要素の複雑な組み合わせで決まりますが、基本は以下です。

  • 軸がぶれていないか
  • 同じ場所で回っているか
  • きれいな姿勢がとれているか

 

スポンサーリンク

キャメル姿勢スピンの種類

キャメルスピン

伸ばした片足を軸にして、上体を氷と平行になるように倒してTの字型になって回るスピン。

ドーナッツスピン

キャメルスピンの姿勢から体を反らし、手で伸ばしたフリーレッグを掴んだ姿勢で行うスピン。上空から見た際にはドーナッツ状になる。

ウィンドミルスピン

キャメルスピンの姿勢からフリーレッグと上体を斜めに傾けた風車のような姿勢で行うスピン。イリュージョンスピンとも呼ばれる。

バトン・キャメル

仰向けで、片方の膝を90度よりも小さく曲げた状態で行うスピン。その形からシャンデリアスピンとも呼ばれる。

足替え

回転している途中に軸足を変える。

この動作を行うとスピンは足替えスピンとみなされる。

フライング

スピンに入る時、飛び上がるもの。

この動作を行うとスピンはフライングスピンとみなされる。

 

【関連記事】その他のフィギュアスケート技の情報も纏めてますので是非ご覧ください。
スピンの種類「アップライト姿勢」
スピンの種類「シット姿勢」
スピンのルール/種類/得点

 

 

コメント