フィギュアスケート ステップシークエンスのルール/レベル/得点




こんにちはサルコウです。

今回の記事では、フィギュアスケート ステップシークエンスのルールや基礎点(得点)、GOE(出来栄え点)について記載してます。

ステップシークエンスに含まれるターンやステップについてやレベルについても記載してますのでスケート観戦を100倍楽しくする為に一読ください。

ステップシークエンスと言えば、世界一のステップと言われている高橋大輔選手を思い出します。

ステップシークエンスは要素の中でも盛り上がりますし、観ている方は魅了されますね。

そんなステップシークエンスの略称やレベル、技の得点やGOE(11段階の評価)についてまとめています。

ジャンプとは違った目線で観戦できますので、一読してみてください。
※2018年7月1日に改正された新ルールにあわせたステップシークエンスの得点や11段階評価で更新済となっています。

ルール

●概要

ステップ・シークェンスは音楽の特徴に合わせて行われなければならない。音楽に合った短い停止は許され、逆行は禁止されていません。ターンとステップがシークェンス全体にバランスよく分布されている必要があります。

●ショート・プログラム

男子・ジュニア男子およびシニア女子・ジュニア女子は、ショート・プログラムで氷面 を十分に活用した 1 つのステップ・シークェンスを含まなければなりません。
ステップ・シークェンスの中には、いかなる表外ジャンプを含めても問題ありません。

●フリー・スケーティング 

よくバランスの取れたフリー・スケーティング・プログラムには、氷面を十分に活用した 1 つ のステップ・シークェンスを含まなければなりません。
ステップ・シークェンスの中でジャンプを行ってもよい。短すぎてやっとそれと分かるようなも のはステップ・シークェンスの要件を満たすとはみなされません。
スポンサーリンク

レベル特徴

各レベルの特徴の数: レベル 1 は 1 個 レベル 2 は 2 個 レベル 3 は 3 個 レベル 4 は 4 個

    【特徴】

  1.  シークェンス中の難しいターンおよびステップが,最低限に多様 (レベル 1),やや多様 (レベル 2),多様 (レベル 3),複雑(レベル 4)
  2. 完全に体が回転する両方向(左と右)への回転。各回転方向とも全体でパターンの少なくとも 1/3 はカバーする。
  3. 少なくともパターンの 1/3 において身体の動きを使っている
  4. シークェンスの中に明確なリズムで実行する難しい 3 つのターンの組み合わせ。各足異なるものを 1 つずつ。
    数えられるのは,各足とも最初に試みられた組み合わせのみ。

太字の詳細は以下●明確化を確認ください。

明確化

●パターン

ステップ・シークェンスには要求されるパターンはありません。

氷面を十分に活用していなければならないステップ・シークェンスは、はっきりと認識できるものであり氷面のほぼ全体を活用して行われなければなりません。(例:ストレート・ライン、サーペンタイン、サーキュラー (円、楕円)、または類似の形状)。

こちらが達成されない場合は無価値となります。

特徴の 2 と 3 でいう “パターン”とは、スケーターが実際に行ったパターンを意味します。

●パターンの始まりと終わり

これはスケーターが実際にシークェンスを開始するまたは完結するときです。

●ターンおよびステッ プの定義

ターン:ツィズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカー、スリー・ターン。

ステップ:トウ・ステップ、シャッセ、モホーク、チョクトウ、エッジの変更、クロスロール。

●特徴の定義

  • 難しいターンおよびステップの種類:ツイズル,ブラケット,ループ,カウンター,ロッカー,チョクトウ
  • 最低限に多様とは少なくとも 5 個の難しいターンおよびステップを含み,どの種類も数えてよいのは 2 個まで。
  • やや多様なとは少なくとも 7 個の難しいターンおよびステップを含み,どの種類も数えてよいのは 2 個まで。
  • 多様なとは少なくとも 9 個の難しいターンおよびステップを含み,どの種類も数えてよいのは 2 個まで。
  • 複雑なとは少なくとも 11 個の難しいターンおよびステップを含み,どの種類も数えてよいのは 2 個までであり,5 種類は両方向で行われる。
  • 身体の動きを使っているとは,合計すればステップ・シークェンスのパターンの少なくとも 1/3 は両腕,頭,胴体,ヒップ,両脚の動きをはっきりと使い,これらの動きが体幹のバランスに影響を及ぼしていることを意味します。
  • 難しいターンの組み合わせでは,同じ順序,同じエッジ,同じ足で行われた同じターンで構成されている場合には,その組み合わせは同じものとみなされます。
【関連記事】その他のフィギュアスケート技の情報も纏めてますので是非ご覧ください。
フィギュアスケート コレオシークエンスのルール/得点
フィギュアスケート スピンのルール/種類/得点 
フィギュアスケート ジャンプのルール/種類/得点

ステップ・シークェンスの得点

種類 GOEによる加減点
名称 略称

レベル

-5 -4 -3 -2 -1 基礎点 1 2 3 4 5
ステップシークエンス StSqB -0.75 -0.6 -0.45 -0.3 -0.15 1.5 0.15 0.3 0.45 0.6 0.75
StSq1 -0.9 -0.72 -0.54 -0.36 -0.18 1.8 0.18 0.36 0.54 0.72 0.9
StSq2 -1.3 -1.04 -0.78 -0.52 -0.26 2.6 0.26 0.52 0.78 1.04 1.3
StSq3 -1.65 -1.32 -0.99 -0.66 -0.33 3.3 0.33 0.66 0.99 1.32 1.65
StSq4 -1.95 -1.56 -1.17 -0.78 -0.39 3.9 0.39 0.78 1.17 1.56 1.95

GOEの詳しい採点ルールについてはGOE(出来栄え点)採点ガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローする

トップへ戻る