フィギュアスケートのクラブ生(競技者)になる

フィギュアスケート

こんにちはサルコウです。

今回の記事では、フィギュアスケートのクラブ生となり競技者を目指す際に参考になる事をまとめています。

 

一般営業時間中に教室レベルとは違った、ジャンプやスピンを練習している、子供が目につく事があります。

 

そのレベルの練習をしている子たちは、クラブに入っていると思ってください。

 

※選手コースですので、多くが幼稚園~大学生です。ただしシニアの大会もありますので大人の方も増えてきてるようです。

 

夢のあるクラブ生ですが、クラブへの入り方から練習時間、掛かる費用についてまとてますので、以下目次からご確認ください。

 

スポンサーリンク

クラブ生になるには

クラブに入る為には、コーチによる推薦が必要となります。
その為に、まずは教室に入って、専属のコーチに習って基本を身に着けておく必要があります。

 

専属のコーチに認められるとクラブに入る事ができます。

 

コーチに推薦された当初は無級ですが、まずは、バッジテストと呼ばれるテストを受けて初級を取得を目指す事になります。

※教室でも、2級くらいまでは取れますので、取得してからクラブ生になる子もいます。

 

■クラブの練習時間

次にクラブの練習時間ですが、一般営業時間とは別の時間にリンクを貸し切って行いますので、朝の時間や夜の時間を使って行います。

一般営業の平均が10:00~18:00ですので、その前後の時間にクラブの時間が割り当てられます。

フィギュアスケートは、初級~8級(数字が上の程、上位級)までの級によるランクがあり、クラブの時間はある程度の級の範囲で時間が決められています。

 

 

 

□クラブの貸切時間

取得している級によってリンクの貸し切り時間を区別してますので、練習する時間帯が異なってきます。

リンクにもよりますが、練習サイクルは以下のところが多いようです。

 

【練習サイクル】
初級~2級で週1~2回ほど
2級~4級で週4回~5回
5級以上毎日

※1回の貸し切り時間は、通っているクラブにもよりますが1時間前後です。
※5級以上だともう少し長い時間帯の枠もあったりします。

 

練習サイクルをご覧いただくと級を取得して上に行くほど練習時間が増えます。
当然、クラブ生の為のリンクの貸し切りになりますので、上の級に行くほど、貸し切りの時間が増えてきます。

 

 

■クラブ貸切リンク費用

リンクにもよってかなり違いますが、

例えば、初級~2級までは、クラブの時間が週1回~2回だったとします。

その場合、年間にするとだいたい12万~18万くらいのクラブの貸切リンク費用が掛かってきます。

 

一括のところや分割、月単位での支払いのところがあります。※詳しくはリンクにお尋ねください。

平均すると15万円前後ですね。
月にして、12,500円 週1回だとして3,125円ですね。

 

この例の場合だと、月にするとリンク料金は教室とあまり変わらいくらいです。

年単位で言われると少し重く感じますが。

なお、私の知る限りクラブ生になると一般営業時間はリンク料は取られません。

 

※クラブの貸切リンク費用ですが、あらかじめ予約されている時間ですので、参加しないからといって返金はされませんのでご意ください。

※ランクによって練習回数が違いますが、目安として一番下のクラスを基準とした場合から2倍、4倍といった貸し切りリンク費用が掛かります。(あくまでも回数を基準とした目安です。スケートリンク毎にクラブの回数は違いますので参考程度に。

※年間で固定された枠ですので、料金は決まっています。詳しくは、各スケートリンクの受付で確認しましょう。

 

■専属コーチ費用

貸し切りリンク料とは別に専属コーチ料金がかかります。

 

教えていただく先生にもよりますが相場は以下イメージです。
30分 2,500円 コーチ歴の浅い先生など
30分 3,000円 ベテランの先生など
30分 4,000円 オリンピックに出た先生など
30分 5,000円 有名選手を教えている先生など

 

クラブの時間が、40分~50分と考えると、個人でみっちり教わると30分以上の料金は取られます。

ただし、他にも生徒がいますので、何人かの生徒との分割(グループによるレッスン)や10分間のみのレッスンだったりします。

また、クラブの時間だけでなく、一般の時間にも教わりますのでコーチ代は掛かってきます。

 

□コーチ選びは重要です

  • リンク代は決められたものですが、コーチのレッスン代は毎月の額が決まっていません。
  • コーチが教える時間や月の上限額などは、コーチに相談できますので聞いてみましょう。
  • また、コーチによっては、月●万円と決めている方もいらっしゃいます。
  • コーチが複数になる事もありますのでその場合は、コーチに相談しましょう。
  • さらに、バッジテストや試合の前などは、当然レッスンも増えますので、レッスン料も増えます。
  • 夏休みなどの長期休みの期間は、クラブの割り当て時間が変わりますので、当然レッスン時間が増えます。

 

参考までに、我が家の場合は、コーチ料金は大きく変動します。
コーチ料金は、月6万円~12万円と変動します。※レッスンの時間や回数によります。

ただし、娘は現在6級でして、毎日朝夜の練習がありますのでレッスン料が増えてます。

※クラブの時間でもコーチがいる時もあれば不在の時もありますので変動します。

 

コーチによっては、もっと安いコーチやさらに高いコーチ(高いコーチは教える技術がありますので)もおりますので、参考にしてください。

 

また、お金やクラブに入ってからの不安もあると思います。
実際に何人かの方からコメントをいただきましたので新たに記事を作成しました。
子供の為に!フィギュアスケートを習う際のお金と不安
参考にしていただければ幸いです。

====================

最後に、

クラブ生になった場合、通常の習い事とは違いお金の負担はやはり違います。
ただし、やり方はありますので、このブログの記事が参考になれば幸いです。

また、朝練習、夜練習がありますので、親御さんの送迎も大変です。
なによりスケートリンクは凍えます。お体には気をつけてお子様を見守ってください。

コメント